医学サイト
東京民医連 HOME
医学生実習
奨学生ガイド
震災ボランティア
医師からのメッセージ
民医連とは
臨床研修ガイド
リンク集
お問い合わせ・お申し込み

医療現場体験・受け入れ先病院紹介
地図
医学生実習

医学部合格が決まったら

現場を体験

毎年400人が現場を体験

あなたの体験があなた自身の答えになる

「医療現場体験」受け入れガイド

どんな医師になりたいですか

 皆さんの持っている「医師」のイメージはどういう姿でしょうか? がむしゃらな大学病院の研修医? 島民と家族のように親しい離島の診療所医師? 国境なき医師団のように海外で活躍する医師? テレビドラマに出てくるような救急救命に力を尽くす医師? それとも…。一言に「医師」といっても働く場も果たす役割も様々です。けれども、どの場どんな役割であっても「患者さんに求められ、信頼される医師」であるということは共通するのではないでしょうか。

そんな「医師」の姿を見にきませんか。

 医師が働く多くのフィールド。外来や病棟での患者さんとの関わり、看護師や検査技師とのチームワーク、地域に根付いた診療所での医療、患者さんが生活する在宅の医療、そして患者さんが抱えている不安や悩みに応える医療など、21世紀の医療を担う皆さんに見て欲しい、知って欲しい、感じて欲しい医療の現場があります。

医学と医療をつなげる医療現場体験

 14の病院100をこえる診療所、訪問看護ステーションや介護・福祉施設などが、「医療現場体験」のフィールドです。
医学部の教室で学ぶ「医学」という学問と実際の現場で行われる「医療」という人と人との関わりの違いを感じてほしい。私たちはそう考えています。
「医療現場体験」では、「医学」と「医療」のつながりを感じられることが出来るような体験を皆さんとつくるように心がけています。そして、その体験から日本の医療の現実と未来について皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

医学部入学前から参加できます

 毎年、400名をこえる医学生が、私たちの病院や診療所での医療現場体験に参加をしています。そこでは他大学の学生や、いろんな先輩たちとも出会えると思います。
受験を終え、入学式を待つ機関などを利用してぜひ積極的に参加してみてください。

1
実習要項
●病院実習要綱 ●コースガイド
2
参加者体験記
〜すてきな医師になりたいね〜




Copyright (C) 2003 Tokyo Miniren. All rights reserved.